ラグビー好きやがな

アクセスカウンタ

zoom RSS 共に戦え

<<   作成日時 : 2005/11/06 14:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
秩父宮に行ってきました。
ジャパン勝って良かった。
観客の入りもよく、赤い人も多く、トップリーグのときのように、親父さんばっかりということもなくてよかったよ。華やかで。うれしかったです。
まずは、一安心。

試合内容についてですが、詳細は色んな人が書いていますので、個人的意見を。

廣瀬選手はさすがです。PG、DG、そしてラインを動かすリード。この人は、まだまだ、かかせませんな。
そして、廣瀬選手を含む、バックスのフロントリーのディフェンスもよかった。榎本選手。ナイスタックルでした。大西選手も良かった。

バックスリーは、キック処理がどうかと思います。立川選手に頼りすぎの感があります。ただ、アタックに関しては、立川選手も良かったし、小野澤選手も再三良い形でボールをもらい、ゲインをしていました。最後のトライはさすがです。この選手は小野澤だから取れたというトライを私が見に行く、ジャパンの試合では、必ずやってくれるのではずせませんなあ。

これがエリサレド流というか、フランス流なのか、ブレイクダウンのところや、イーブンボールに対しての働きかけがやや緩慢な印象でした。なので、国内の均衡したゲームでありがちの密集周辺でのペナルティーが少なく、ゲームとして見やすいというか、おもしろいというのはありました。しかし、この部分はスペイン代表の方が体を張ってすばやく、割り込み、そこから、一気にゲインをするという場面も多々見られ、危なっかしかった。ここは、私はよくわからないのですが、ジャパンのバックローの動きはよくなかったのかなという気もします。

スペイン代表はキックを効果的に使い、よいゲームをしていたと思います。イーブンボールへの仕掛けも早く、また、個々人のスピードもあり、よく走っていました。好感のもてるチームでした。ジャパンが格下に苦戦するパターン、よく韓国戦なんかでやられるキックを効果的に使われ、スピードあるランナーがきっちりチェイスしたり、カウンターアタックをしかけてくるを見事に実践していました。

ジャパンの得点もモールが多く、「上位国にその攻撃が通用するんかい。」という突っ込みが沢山入りそうですが、グランドレベルでそう判断し、実行できたのなら、決めた事をきちんとやること以外の
「適応」ともとれるので、まあよいのではないでしょうか。

抜かれると一気にビッグゲインを許してしまう組織ディフェンスの未整備さも気になりましたが、準備期間を考えるとよくやったのではないでしょうか。

そして、ジャパンのメンバーを眺めていて、啓光学園、大阪工大高、関東学院大学の出身者が多いなあとなんとなく思いました。これらの学校のコーチングというのは非常によく機能しているのではないでしょうか。そういうものも日本の共有資産としてうまく活用できないかなと思いました。

今日はいつにもまして長くなってしまいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
まずはメデタイ!ジャパン VSスペイン
まずは勝利メデタイですね。 よかった、ほっとしました。 ...続きを見る
ノーサイド「大元よしき」二本目ラガーマン...
2005/11/07 10:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
応援お疲れさまでした。
いろいろと課題が見受けられた試合だったようですね。次に繋がることを祈りたいと思います。
nzsheep
2005/11/07 19:32
nzsheepさんコメントありがとうございました。私も祈ります。
まじん
2005/11/07 21:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
共に戦え ラグビー好きやがな/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる